スコアリング

試合

ゲームは、試合の得点単位の1つです。試合に勝つには、4つのボールを獲得し、少なくとも2つの獲得したボールのリードが必要です。伝統によれば、順番に勝った各ボールは15、30、40およびゲームとしてカウントされます。プレーヤーがボールを獲得していない場合、これはゼロと呼ばれます(英語の愛では)。両方のプレーヤーがそれぞれ40イコール(デュース)として指定された3つのボールを獲得した場合、次のポイントを獲得した人は誰でも利益を得ることができます(英語のアドバンテージ)。その後、他のプレイヤーが次のポイントを獲得した場合、スコアは40に戻ります。その後、試合は、プレーヤーの1人が40回の引き分けの後に2つの連続したボールを獲得するまで続き、それによってプレーヤーは試合に勝利します。エクササイズ試合でも、プレーヤー間の合意により、試合は40〜40のボールを獲得したプレーヤーの勝ちになります(ショート試合、広告なし)。このようなショート試合は、プロのダブルスでもますます使用されるようになっています。

試合内の他のタイプのカウントも使用されています。たとえばジェームズ・バン・アレンのVASSSによると、卓球の(以前の)試合と同じように、勝ったセットまたは試合のスコアが1-21または1-31からカウントされました。

プレーヤーは、1回目、3回目、5回目(など)の試合の後にサイド(コートの半分)を切り替えます。通常、6つの試合に勝つことは、1つのセットに勝つことを意味します(以下を参照)。

セット

セットはテニスで最高得点のユニットです。セットに勝つには、6つの試合に勝ち、少なくとも2つの試合のリードが必要です。このルールによれば、セットは6-0、6-1、6-2、6-3、または6-4の番号で勝つことができます。試合ポジション6-5が発生した場合、試合は代わりにセットを決定し続けます。主要なプレーヤーが次の試合にも勝った場合、セットは7-5の数字で彼に行きます。勝った試合数のスコアが6〜6の場合、セットはタイブレークと呼ばれる決定的な試合をプレイすることによって決定されます(以下を参照)。タイブレーク試合の勝者は、7〜6の数字でセットを勝ち取ります。

トーナメントの性質に応じて、2セット(ベスト3)または3セット(ベスト5セット)を獲得することは、試合の勝利を意味します。大規模なトーナメントでは、男性クラスの試合は5セットのベストで行われることが多く、女性は通常3セットのベストで試合を行います。

タイブレークは、テニスの追加試合として、勝った試合数の6〜6の位置でプレイされ、12ボール(最初から7ボールが勝った)の最高の試合を含み、2ボールのリードが必要です。タイブレークのスコアが6等しい場合、一部のプレーヤーが2ポイントのマージンを得るまで試合は続行されます。タイブレークに勝つことは、勝利を設定または一致させることを意味します。タイブレークは、ロッド・レーバーによって修正されたジェームズ・ヴァン・アレンの提案に従って1970年から導入され、プレー時間の長さを計算しやすくしました。これは、たとえばテレビの試合で大きな利点となっています。